片付けサービス・遺品の整理をご依頼される方へ


片付けサービス・遺品の整理を便利サービス業者や遺品整理業者などへ依頼する時、ゴミ(不要家財など)の処理を一緒に依頼してしまうケースが増えております。


市町村からの「許可」を得ていない便利サービス業者や遺品整理業者には、ゴミ処理の依頼はできません。


ゴミ処理は、市町村が許可した「一般廃棄物処理業者」へご依頼ください。


もし「許可」のない業者にゴミ処理を依頼してしまったら


もし「許可」のない便利サービス業者や遺品整理業者にゴミ処理を依頼してしまったら。

廃棄物処理法第7条により、
「一般廃棄物の収集・運搬を行おうとする者は、当該区域を管轄する市町村長の許可を受けなければならない」
と規定されております。


一般家庭から排出されるゴミは「一般廃棄物」に該当することから、整理した遺品の中で廃棄するものは「一般廃棄物」となります。



「許可」のない便利サービス業者や遺品整理業者などに遺品整理のほか、ゴミ処理を依頼した場合、ゴミ処理を引き受けた便利サービス業者や遺品整理業者は「無許可営業※」となり、廃棄物処理法違反となります。
また、便利サービス業者や遺品整理業者が不法投棄などをした場合、ゴミ処理を依頼した方自身も罰せられる可能性があります。


※5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金(法人にあたっては3億円)又これが併科されることになります。
ゴミ処理を依頼した方が法事の場合も、同様の罰則の可能性があります。


では、住まいリーはどうなの?


住まいリーは、遺品整理後の廃棄される物について、『一般廃棄物実務管理者(民間資格)』と『一般廃棄物許可業者』との提携により処分まで出来ます。


遺品整理士(民間資格)は、上記の
管理責任及び許可業務とは一切関係ありません。

 

ただし、多くの遺品整理業者は『一般廃棄物の許可』を保有しておらず、また、許可業者との提携ができていないのが現状です。仮に、許可を保有しない者が一般家庭の廃棄物を収集・運搬・処分した場合は、「無許可営業」となり、「廃棄物処理法違反」となります。


住まいリーは提携先も充実


ゴミ・古紙・古布のことなら

ゴミ・古紙・古布のことなら

営繕・設備のことなら

営繕・設備・解体など

  • (株)コニシ電工

  • (株)近江リース
  • 市内各事業者
その他

その他

  • お掃除サービスもご相談下さい
  • 庭のお手入れ、倉庫の整理、低木の伐採などの面倒な作業